MCU アベンジャーズ ヴィラン 人物 映画

マーベル映画&ドラマ作品キャスト紹介【アンディ・サーキス】

投稿日:

アンディ・サーキスは"超"が付くほどのマルチな才能の持ち主だった…?

ワカンダから生還した唯一の男ユリシーズ・クロウ。
クロウはMCU初登場作品『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』からそのイカれっぷりを発揮していました。

そんなユリシーズ・クロウを演じたのはアンディ・サーキスでした。
アンディ・サーキスとは一体どんな人物なのでしょうか?

アンディ・サーキスのプロフィール

アンディ・サーキス

1964年4月20日生まれ。
イングランドはロンドンで誕生し、ロンドンやバグダッドで育ちました。
父親はアルメニア人で、医師として働いており、父の仕事の都合でバグダッドにも移り住むこととなったようです。

ランカスター大学に通い、卒業後は舞台美術の仕事をするつもりだったようですが、役者へと転向しました。
その後、舞台出演を経てテレビへの出演もし、1944年に映画デビューを果たします。

彼の才能を語る上で忘れてはならないのは"モーションアクター"というジャンルではないでしょうか。
キャラクター独特の動きを演じ分けるのは、一流の俳優であっても至難の業といえます。
それを彼は4つのビッグタイトルでやってのけているのです。

ご存知ない方もいるかもしれませんので、アンディ・サーキスがモーションアクターを務めるタイトルを以下に挙げておきます。

  • 『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ  ゴラム役
  • 『キング・コング』  キング・コング役
  • 『猿の惑星』シリーズ  シーザー役
  • 『GODZILLA ゴジラ』  ゴジラ役(クレジットなし)

これだけ有名どころが並んでいれば観たことがある作品もあるのではないでしょうか?
もし1つも観たことがないという方は是非ご覧になってみてください!

またキング・コングとゴジラの両方を演じたのはアンディ・サーキスで2人目というレアっぷり。
ちなみにもう一人は日本人の中島春雄。
当時は着ぐるみだったため、スーツアクターという呼ばれ方をしています。

 

俳優、モーションアクターだけでなく、2017年には『ブレス しあわせの呼吸』で監督デビューを果たしています。
さらに製作に加わった作品もあり、活躍の幅はとてつもなく広いです。

私生活では女優のロレーヌ・アシュボーンと2002年に結婚しています。
またロレーヌとの間に3人の子供も授かっています。

 

スポンサーリンク

MCU以外の出演作品

  • 2001年公開『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ(ゴラム役)
  • 2011年公開『猿の惑星:創世記』(シーザー役)
  • 2015年公開『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(最高指導者スノーク役)

アンディ・サーキスの共演作品リスト

  • 2001年公開『ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間』、2002年公開『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』、2003年公開『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』、2012年公開『ホビット 思いがけない冒険
    レッドスカル(ヨハン・シュミット)役:ヒューゴ・ウィーヴィング、ヘラ役:ケイト・ブランシェット、マグニートー(エリック・レーンシャー)役:イアン・マッケラン
  • 2006年公開『アレックス・ライダー
    ウィップラッシュ(イワン・ヴァンコ)役:ミッキー・ローク
  • 2006年公開『マウス・タウン ロディとリタの大冒険
    マグニートー(エリック・レーンシャー)役:イアン・マッケラン、ウルヴァリン(ローガン)役:ヒュー・ジャックマン
  • 2011年公開『猿の惑星:創世記
    ハリー・オズボーン役:ジェームズ・フランコ
  • 2011年公開『アーサー・クリスマスの大冒険
    プロフェッサーX(チャールズ・エグゼビア)役:ジェームズ・マカヴォイ
  • 2014年公開『GODZILLA ゴジラ』(ゴジラのモーションキャプチャー)
    スカーレット・ウィッチ(ワンダ・マキシモフ)役:エリザベス・オルセン、クイックシルバー(ピエトロ・マキシモフ)役:アーロン・テイラー=ジョンソン
  • 2015年公開『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』、2017年公開『スター・ウォーズ/最後のジェダイ
    ナキア役:ルピタ・ニョンゴ
  • 2017年公開『ブレス しあわせの呼吸
    アメイジング版スパイダーマン(ピーター・パーカー)役:アンドリュー・ガーフィールド
  • 2019年公開『モーグリ』(Netflix作品)
    ヘラ役:ケイト・ブランシェット、ドクター・ストレンジ(スティーヴン・ストレンジ)役:ベネディクト・カンバーバッチ

以上、合計14作品でマーベル映画の出演者との共演がありました。
中でも『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズはヒューゴ・ウィーヴィング、ケイト・ブランシェット、イアン・マッケランの3人が出演しており、マーベルファン的には超豪華な顔ぶれだったと言えるのではないでしょうか?

そのおかげもあってヒューゴ・ウィーヴィングは4作、ケイト・ブランシェット、イアン・マッケランの2人は5作もの共演作品があります。
この3人以外ではヒュー・ジャックマンとルピタ・ニョンゴがそれぞれ2作ずつ共演作品があります。
しかし、ルピタ・ニョンゴも『スター・ウォーズ』シリーズで2作あるため"シリーズもの強し"といった印象です。

↓全キャストの共演リストはこちら↓
マーベル映画のキャストが共演!今夜観る映画を悩む日々に終止符?
俳優、モーションアクター、声優、監督、製作と多岐にわたって活躍を続けるアンディ・サーキス。
彼の演じる役はとても特徴的なキャラクターが多いように思います。
ある意味では"アンディ・サーキスだからこそ演じられた役"も多いのではないでしょうか。

その独特な雰囲気で、今後も特徴的かつブッ飛んだキャラクターを演じてくれることを期待して止みません!
あなたはアンディ・サーキスのどんな役が見てみたいですか?

 

スポンサーリンク

-MCU, アベンジャーズ, ヴィラン, 人物, 映画
-, , , ,

Copyright© Marvel info Base , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.