ファンタスティック・フォー 人物 映画

マーベル映画&ドラマ作品キャスト紹介【ヨアン・グリフィズ】

更新日:

ファンタスティック4の頭脳にしてリーダーであるミスター・ファンタスティックことリード・リチャーズ。
『ファンタスティック・フォー』の旧2部作でリード役を演じたのはヨアン・グリフィズでした。

ここではヨアン・グリフィズのプロフィールとファンタスティック・フォーシリーズ以外の主な出演作品を紹介します。

スポンサーリンク

ヨアン・グリフィズのプロフィール

イアン・グリフィズ

ヨアン・グリフィズはイギリスのウェールズ出身で、生年月日は1973年10月6日です。
身長は182cm。

両親ともに教師をしていたそうです。
弟と妹がいます。

2016年にテレビ番組の中でエドワード1世の直系の子孫であることが判明しました。
エドワード1世といえばプランタジネット朝時代のイングランド王です。

フランスとの戦争(百年戦争)はエドワード1世の時代に起きたものです。
これが現在のイギリスとフランスの国境を決定づける歴史的戦いとなりました。

だいぶ脱線してしまいました・・・
話を戻します・・・

ヨアン・グリフィズのキャリアとしては1996年のテレビ映画『Poldark』に出演したのが本格的な俳優デビューと言えるでしょう。
その後1998年放送のテレビドラマ『ホーンブロワー 海の勇者』で主人公を演じイギリスでの知名度・人気が高まりました。

1997年公開の『オスカー・ワイルド』で映画デビューを果たし、リード・リチャーズ役以外にも大きな役を演じ、知名度は世界規模に。
近年では2014年から2015年にかけて放送されたテレビドラマ『FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿』で主人公のヘンリー・モーガン役を演じていました。

私生活の方では2007年に女優のアリス・エヴァンスと結婚。
2009年と2013年にそれぞれ女の子を授かっています。

スポンサーリンク

ファンタスティック4以外の出演作品

  • 1997年公開『タイタニック』(ハロルド・ロウ五等航海士役)
  • 2004年公開『キング・アーサー』(ランスロット役)
  • 2015年公開『カリフォルニア・ダウン』(ダニエル・リディック役)

 

以上、ヨアン・グリフィズのプロフィールとファンタスティック4以外の主な出演作品紹介をお届けしました。

まさかエドワード1世のような"世界史の教科書レベル"の人物の子孫だったとは筆者も知りませんでした。
どことなく気品のある雰囲気はその辺の血筋がそうさせるのでしょうか?

2007年公開の『アメイジング・グレイス』ではスティーブン・ストレンジ/ドクター・ストレンジ役のベネディクト・カンバーバッチと共演しています。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、我らがベネ様はリチャード3世の血縁です。
エドワード1世の時代に端を発した百年戦争終戦後に発生した薔薇戦争の最後を飾ったイングランド王がリチャード3世でした。

つまるところヨアン・グリフィズに始まり、ベネディクト・カンバーバッチに終わるといった具合ですね。
妙なところで繋がっていたんですね!

さて、またも話が逸れてしまいました・・・

ベネ様以外では2008年公開の『ブッシュ』でサノスやケーブル役のジョシュ・ブローリンとも共演しています。
残念ながらヨアン・グリフィズはあまり映画の出演作品数が多くないのです。
しかし、今後その数を増やしてくれればマーベル映画に出演した俳優との共演も増えることでしょう。

勝手ながらもっといろんなキャストとの絡みが見てみたいので、期待せずにはいられません!

スポンサーリンク

 

-ファンタスティック・フォー, 人物, 映画
-, , ,

Copyright© Marvel info Base , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.