MCU ヴィラン 人物 映画

マーベル映画&ドラマ作品キャスト紹介【ケイト・ブランシェット】

更新日:

圧倒的強さ!!!

MCUのヴィランの中でも屈指の強さを誇ったヘラ。
ここではMCUでヘラ役を演じたケイト・ブランシェットのプロフィールとMCU以外の主な出演作品を紹介します。

鬼のように強かったお姉ちゃんを演じたケイト・ブランシェットとは果たしてどんな人物なのでしょうか。

スポンサーリンク

ケイト・ブランシェットのプロフィール

ケイト・ブランジェット

本名はキャサリン・エリーズ・ブランシェット。
1969年5月14日生まれ。

オーストラリアのビクトリア州メルボルン出身です。
身長は174cmと女性ではだいぶ高め。

メルボルン大学のメソジスト女子カレッジで美術史と経済学を学んでいました。
しかし同校を中退し、オーストラリア国立演劇学院で演劇を学びました。

卒業後、舞台女優としてキャリアをスタートさせます。
1993年に『Kafka Dances』でシドニー劇場批評家協会賞の新人賞を受賞し、また『オレアナ』では最優秀女優賞を受賞しました。
シドニー劇場批評家協会賞史上初のダブル受賞となりました。

そして翌年、1994年に『Polece Rescue』で映画デビューを果たします。
その後は多くの作品で、相当な数の賞の受賞やノミネートを受けます。

2008年にシドニー・シアター・カンパニーの監督に就任(3年の任期)しました。
さらに同年にハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名前が刻まれました。

私生活の方では1997年末に劇作家であるアンドリュー・アプトンと結婚。
3人の子供に恵まれました。

イギリスで暮らしていた時期もありましたが、現在はシドニーで家族と暮らしているそうです。

スポンサーリンク


 

MCU以外の出演作品

  • 1998年公開『エリザベス』(エリザベス1世役)
    アカデミー主演女優賞、全米映画俳優組合賞主演女優賞 ノミネート
    英国アカデミー賞主演女優賞、ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)、放送映画批評家協会賞主演女優賞、シカゴ映画批評家協会賞主演女優賞、サテライト賞主演女優賞、オンライン映画批評家協会賞主演女優賞、サウスイースタン映画批評家協会賞主演女優賞、ラスベガス映画批評家協会賞新人賞、ロンドン映画批評家協会賞主演女優賞、トロント映画批評家協会賞女優賞、クロトゥルーディス賞主演女優賞、オンライン映画&テレビジョン協会賞主演女優賞 受賞
  • 2004年公開『アビエイター』(キャサリン・ヘプバーン役)
    ゴールデングローブ賞 助演女優賞、放送映画批評家協会賞助演女優賞 ノミネート
    アカデミー助演女優賞、英国アカデミー賞 助演女優賞、全米映画俳優組合賞助演女優賞、カンザスシティ映画批評家協会賞助演女優賞、ニューヨーク映画批評家オンライン賞助演女優賞、オンライン映画批評家協会賞助演女優賞、セントルイス映画批評家協会賞助演女優賞、ラスベガス映画批評家協会賞助演女優賞、ユタ映画批評家協会賞助演女優賞、ワシントンD.C.映画批評家協会賞助演女優賞 受賞
  • 2007年公開『アイム・ノット・ゼア』(ジュード・クィン役)
    アカデミー助演女優賞、英国アカデミー賞 助演女優賞、全米映画俳優組合賞助演女優賞、放送映画批評家協会賞助演女優賞 ノミネート
    ゴールデングローブ賞 助演女優賞、ヴェネツィア国際映画祭 女優賞、全米映画批評家協会賞助演女優賞、インディペンデント・スピリット賞助演女優賞・ロバート・アルトマン賞、シカゴ映画批評家協会賞助演女優賞、セントラルオハイオ映画批評家協会賞助演女優賞、ニューヨーク映画批評家オンライン賞助演女優賞、ラスベガス映画批評家協会賞助演女優賞、トロント映画批評家協会賞助演女優賞、クロトゥルーディス賞助演女優賞 受賞
  • 2013年公開『ブルージャスミン』(ジャスミン役)
    アカデミー主演女優賞、英国アカデミー賞 主演女優賞、ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)、全米映画俳優組合賞主演女優賞、放送映画批評家協会賞主演女優賞、全米映画批評家協会賞主演女優賞、ニューヨーク映画批評家協会賞 主演女優賞、ロサンゼルス映画批評家協会賞 主演女優賞、インディペンデント・スピリット賞主演女優賞、ボストン・オンライン映画批評家協会賞、ボストン映画批評家協会賞主演女優賞、シカゴ映画批評家協会賞主演女優賞、デンバー映画批評家協会賞主演女優賞、ダラス・フォートワース映画批評家協会賞主演女優賞、フロリダ映画批評家協会賞主演女優賞、ジョージア映画批評家協会賞主演女優賞、アイオワ映画批評家協会賞主演女優賞、ノースカロライナ映画批評家協会賞主演女優賞、ニューヨーク映画批評家オンライン賞主演女優賞、オクラホマ映画批評家協会賞主演女優賞、オンライン映画批評家協会賞主演女優賞、フェニックス映画批評家協会賞主演女優賞、サンディエゴ映画批評家協会賞主演女優賞、サウスイースタン映画批評家協会賞主演女優賞、サンフランシスコ映画批評家協会賞主演女優賞、ルイス映画批評家協会賞主演女優賞、サテライト賞主演女優賞、ワシントンD.C.映画批評家協会賞主演女優賞、オーストラリア・アカデミー賞 (国際部門)、ロンドン映画批評家協会賞主演女優賞、ダブリン映画批評家協会賞女優賞、トロント映画批評家協会賞主演女優賞、バンクーバー映画批評家協会賞主演女優賞、女性映画ジャーナリスト同盟賞主演女優賞、オンライン映画&テレビジョン協会賞主演女優賞、サンタバーバラ国際映画祭パフォーマンス・オブ・ザ・イヤー賞 受賞

 

以上、ケイト・ブランシェットのプロフィールとMCU以外の主な出演作品の紹介でした。

ご覧いただいたように、もの凄い数の賞を受賞、あるいはノミネートされているケイト・ブランシェット。
また上で紹介した作品以外でも多くの賞を受賞やノミネートされています。

出演した作品も多くありますが、その大半で賞を受賞しています。
そして多くのマーベル映画の出演者と共演していますので最後にそちらを紹介します。

1999年公開の『リプリー』ではペッパー・ポッツ役のグウィネス・パルトローと共演しています。
これがマーベル映画の出演者との共演の第1号でした。

2001年の公開から続く『ロード・オブ・ザ・リング』のナンバリング作品やスピンオフ作品の『ホビット』シリーズなどではマグニートー役のイアン・マッケランレッドスカル役のヒューゴ・ウィーヴィングユリシーズ・クロウ役のアンディ・サーキスドクター・ストレンジ役のベネディクト・カンバーバッチワスプ役のエヴァンジェリン・リリーといった多くのマーベル映画の出演者との共演があります。

2004年公開の『ライフ・アクアティック』と『アビエイター』ではサム・ライミ版『スパイダーマン』でノーマン・オズボーン/グリーン・ゴブリン役を務めたウィレム・デフォーと共演。
2006年公開の『さらば、ベルリン』では同じくサム・ライミ版『スパイダーマン』のピーター・パーカー/スパイダーマン役のトビー・マグワイアとも共演しています。

2008年公開の『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』ではエンシェント・ワン役のティルダ・スウィントンと、2016年公開の『聖杯たちの騎士』ではジェーン・フォスター役のナタリー・ポートマンと共演。

2015年公開の『シンデレラ』ではペギー・カーター役のヘイリー・アトウェルとも共演しています。
と、見ての通りめちゃくちゃ多くの俳優と共演しています。(書き出すだけでも大変でした・・・)

魔女や悪女などからキャリアウーマンに駄目ウーマンまで、幅広い役柄をこなすケイト・ブランシェットは今後どのようなキャラクターを演じるのでしょうか。

スポンサーリンク


 

-MCU, ヴィラン, 人物, 映画
-, , , ,

Copyright© Marvel info Base , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.