X-MEN 人物 映画

マーベル映画&ドラマ作品キャスト紹介【アンナ・パキン】

更新日:

X-MENシリーズの1作目から登場するローグというキャラクター。
1作目においては事実上のヒロイン的ポジションを任されたキャラクターでした。

そんなローグを演じたのはアンナ・パキンです。
愛する人に触れることもできないという、なんとも乙女心殺しな能力を持ったミュータントを演じたアンナ・パキンとはどんな人物なのでしょうか?

ここではアンナ・パキンのプロフィールとX-MENシリーズ以外の主な出演作品を紹介します。

スポンサーリンク

アンナ・パキンのプロフィール

アンナ・パキン

本名はアンナ・ヘレン・パキン。
「アンナ」ではなく「アナ」と表記されることもあるようです。
生年月日は1982年7月24日。

カナダのマニトバ州ウィニペグで生まれました。
両親ともに教師で父親は体育教師、母親は英語教師でした。
兄と姉がいます。

コロンビア大学に進学しましたが、女優業専念を理由に休学しました。
姉の友人からの勧めで受けた映画のオーディションで5000人の中から見事に役を勝ち取り映画デビューを果たします。

この時に出演したのが1993年公開の『ピアノ・レッスン』でした。
そして同作でアカデミー助演女優賞を受賞しました。
その後は舞台やテレビ映画、テレビドラマなどに出演し賞を受賞するなど活躍しました。

ちなみにX-MENシリーズ1作目の『X-Men』ではサターン賞の若手俳優賞にノミネートされました。

私生活の方ではアンナ・パキンが出演したテレビドラマ『トゥルーブラッド』で共演したスティーブン・モイヤーと2010年に結婚しました。
一方で同性愛者差別撤廃を訴える「Give Damn」のキャンペーン広告に登場し、両性愛者であると告白しています。

スポンサーリンク


 

X-MENシリーズ以外の出演作品

  • 1993年公開『ピアノ・レッスン』(フローラ役)
    アカデミー助演女優賞受賞
    ゴールデングローブ賞 助演女優賞ノミネート
  • 2000年公開『あの頃ペニー・レインと』(ポレクシア役)
  • 2005年公開『イカとクジラ』(リリー役)

 

以上、アンナ・パキンのプロフィールとX-MENシリーズ以外の主な出演作品の紹介でした。

アンナ・パキンはその数は決して多くはありませんが、マーベルの映画やドラマに出演している俳優たちといくつか共演していますので、紹介したいと思います。
まず1999年公開の『オーバー・ザ・ムーン』では『ウルヴァリン: X-MEN ZERO』でヴィクター・クリード/セイバートゥース役を演じたリーヴ・シュレイバーと共演しています。

2002年公開の『戦争のはじめかた』ではネットフリックスのマーベルドラマシリーズに登場するデアデビルの師匠にあたるスティック役のスコット・グレンと、さらに同年公開の『25時』では同じくネットフリックスのマーベルドラマシリーズに登場するクレア・テンプル役のロザリオ・ドーソンとも共演しています。
そして2011年公開の『マーガレット』ではMCUでブルース・バナー/ハルク役のマーク・ラファロとも共演しています。

また1998年公開のジブリ作品『天空の城ラピュタ』のディズニー配給の英語版の吹き替えでシータ役を担当しています。
興味のある方は探してみてください。

さて、ここまでご覧になってみていかがでしたか?
2010年に結構したこともあってか、それからは俳優業からは少し離れている感のあるアンナ・パキンです。

2014年に公開された『X-MEN:フューチャー&パスト』以降は一切出演がありません。
今後、彼女がスクリーンに登場することはあるのでしょうか?

スポンサーリンク


 

-X-MEN, 人物, 映画
-, , , ,

Copyright© Marvel info Base , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.