スパイダーマン 人物 映画

マーベル映画&ドラマ作品キャスト紹介【エマ・ストーン】

更新日:

大成功を納めたサム・ライミ版『スパイダーマン』シリーズの3作目から5年後・・・
監督も設定も変えて作られた新たなスパイダーマンの映画作品『アメイジング・スパイダーマン』。

『アメイジング・スパイダーマン』でヒロインに選ばれたのは"MJ"ではなくグウェン・ステイシーでした。
そしてグウェンを演じたのはエマ・ストーン。

ここではそんな新たなヒロイン役に選ばれたエマ・ストーンのプロフィールと『アメイジング・スパイダーマン』シリーズ以外の主な出演作品を紹介します。

スポンサーリンク

エマ・ストーンのプロフィール

エマ・ストーン

本名はエミリー・ジーン・ストーン。
父方の祖父がスウェーデン系でエリス島の出身でしたが、アメリカに移住した際に「Sten(ステン)」という姓を「Stone(ストーン)」に変更したそうです。
また映画俳優組合に登録する際、もうすでに「エミリー・ストーン」がリストにあったため芸名として「エマ」を用いることを決めました。

生年月日は1988年11月6日。
アリゾナ州のスコッツデール出身です。

アリゾナ州フェニックスにあるバレーユース・シアターの一員でした。
11歳の時に初めて舞台に立ち、それから数多くの舞台を経験しました。

女優となるべくカリフォルニアへ移ることを決意し、両親を説得するためにパワーポイントを使ってプレゼンを行ったそうです。
パワポまで使ってプレゼンするとはおそるべし・・・

高校を中退し母親と共にロサンゼルスへと移り、日中はオーディション、勉強は家でという生活を送ったそうです。
その甲斐あって2004年にオーディションで役を勝ち取り、エマ・ストーンは無事キャリアをスタートさせました。

その後は役をもらっても打ち切りになってしまったり、あるいはオーディション自体に受からなかったりといった苦い経験もしました。
しかし2007年に『スーパーバッド 童貞ウォーズ』で映画デビューを飾ると、それからは次々と映画への出演を果たすようになります。

2010年以降は数多くの賞の受賞やノミネートを受けるようになりました。
特に2014年公開の『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』ではゴールデングローブ賞やアカデミー賞など大きな賞のノミネートも受けました。

『アメイジング・スパイダーマン』の撮影がきっかけでピーター・パーカー/スパイダーマン役のアンドリュー・ガーフィールドとの交際がスタートしました。
しかし2015年に破局してしまいました。
ファン心理としては残念に思う方も多かったのではないでしょうか?

スポンサーリンク


 

『アメイジング・スパイダーマン』シリーズ以外の出演作品

  • 2010年公開『小悪魔はなぜモテる?!』(オリーヴ・ペンダーガスト役)
    ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)ノミネート
  • 2014年公開『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(サム・トムソン役)
    アカデミー助演女優賞ノミネート
    英国アカデミー賞 助演女優賞ノミネート
    ゴールデングローブ賞 助演女優賞ノミネート
    全米映画俳優組合賞助演女優賞ノミネート
    放送映画批評家協会賞助演女優賞ノミネート
    インディペンデント・スピリット賞助演女優賞ノミネート
    ボストン映画批評家協会賞助演女優賞受賞
  • 2016年公開『ラ・ラ・ランド』(ミア・ドーラン役)
    第89回アカデミー賞主演女優賞受賞
    ヴェネツィア国際映画祭女優賞受賞
    第74回ゴールデングローブ賞主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)受賞
  • 2017年公開『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』(ビリー・ジーン・キング役)
    ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ミュージカル・コメディ部門)ノミネート

 

多くの賞を受賞したりノミネートしたりと、役者としての力は本物ですね!

さて、エマ・ストーンもまたマーベル映画の出演者との共演をしていますので紹介します。
2011年公開の『ラブ・アゲイン』ではMCUでピーター・パーカーの叔母であるメイ役を演じたマリサ・トメイと、『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』でセバスチャン・ショウ役を演じたケビン・ベーコンと共演しています。

2013年公開の『L.A.ギャングストーリー』では『デッドプール2』でケーブル役、MCUでサノス役を務めたジョシュ・ブローリンと、サム・ウィルソン/ファルコン役のアンソニー・マッキーと共演しています。
2015年公開の『アロハ』ではガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーであるロケットの声を担当しているブラッドリー・クーパーと、『ドクター・ストレンジ』でクリスティーン・パーマー役を演じたレイチェル・マクアダムスと共演しています。

また共演とは少し違うかもしれませんが、2013年公開のアニメーション作品『クルードさんちのはじめての冒険』ではウェイド・ウィルソン/デッドプール役のライアン・レイノルズと、ジョニー・ブレイズ/ゴーストライダー役のニコラス・ケイジと声の出演で一緒になっています。

以上で、エマ・ストーンのプロフィールと『アメイジング・スパイダーマン』以外の主な出演作品紹介を終わりますが、いかがでしたか?
まだまだ若いエマ・ストーンですので、今後もその確かな実力で様々な姿をみせてくれることでしょう。

スポンサーリンク


 

-スパイダーマン, 人物, 映画
-, , , ,

Copyright© Marvel info Base , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.