MCU 人物 映画

マーベル映画&ドラマ作品キャスト紹介【ナタリー・ポートマン】

更新日:

MCU作品『マイティ・ソー』と『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』でソーの恋人役として登場したジェーン・フォスター。
神の国の住人であるソーとの超遠距離恋愛を育んだのがナタリー・ポートマンです。

ナタリー・ポートマンといえば日本ではかなり有名な部類に入るハリウッド俳優ですが、ここではあえてそんなナタリー・ポートマンのプロフィールとMCU以外の主な出演作品を紹介します。

スポンサーリンク

ナタリー・ポートマンのプロフィール

ナタリー・ポートマン
本名はナタリー・ヘルシュラグ。

生年月日は1981年6月9日。
イスラエルのエルサレムで生まれました。

父親がイスラエル人で母親はユダヤ系のアメリカ人です。
ナタリー・ポートマン自身はアメリカとイスラエル、2つの国籍を持っています。

父方はポーランド、ルーマニア系、母方はロシア、オーストリア系のユダヤ人の血を引いています。
またルーマニア出身の父方の曽祖母は第二次世界大戦時にはイギリスのスパイを務めていたそうです。

母方の祖父母はアウシュビッツ強制収容所で亡くなったそうです。
彼女の芸名の"ポートマン"は母方の祖母の旧姓です。

ナタリー・ポートマンがアメリカに渡ったのは3歳の時で、ワシントンD.C.へと移住しました。
その後はコネチカットやニューヨークなどに場所を変えて育ちました。

学業の方はかなり成績優秀だったようで、本人曰く「成績はオールA」だとか。
そしてハーバード大学とイェール大学に現役で合格し、ハーバード大学へと進学。

この辺だけでも「オールA」が嘘ではなかったんだろうと思わせてくれます。
ちなみに高校の最終試験を受けるため、『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』のワールド・プレミアを欠席するなど、学業に真面目なエピソードが残っています。

また『マイティ・ソー』シリーズの中で見せたジェーン・フォスターの科学者ぶりは、本来のナタリー・ポートマンの姿に"当たらずといえども遠からず"といった感じなのでしょうか・・・?

一方、芸能活動については10歳の時にモデルとしてスカウトされました。
もともとモデルにはあまり興味はなく、演技に興味が湧いた彼女は俳優を目指すようになりました。

スポンサーリンク

1994年にオフ・ブロードウェイで初舞台を踏み、これがナタリー・ポートマンにとって、俳優としてのデビュー作になりました。
また同年に公開されたリュック・ベッソン監督作品『レオン』では2000人以上の候補の中からマチルダ役に選出され映画デビューへと繋がります。
『レオン』で高評価を得たナタリーはその後も映画に舞台と幅広く活躍し、人気映画シリーズ『スター・ウォーズ』のエピソード1からパドメ・アミダラに抜擢され、さらに人気を獲得しました。

2000年代に入ると学業を優先し、出演のペースは落としますが、それでもいくつかの作品に出演し複数の賞の受賞やノミネートを受けるなど、実力は健在といった様子。
2010年に公開された『ブラック・スワン』では9キロも減量し役を作ったそうです。
が、その努力の甲斐もあってかアカデミー賞をはじめ様々な賞を受賞しました。

身体能力が非常に高いと言われていて、アクションシーンや『ブラック・スワン』のバレエシーンなどでも代役を使わずに演じることも少なくなかったそうです。
殺陣師曰く「アスリートとして成功できた」とか。

また2002年と2008年には『世界の最も美しい顔』で1位に選ばれています。
頭も良くて運動もできる上に顔も良い・・・
何か弱点はないのかと探したくなったあなたに朗報(?)です。

2008年公開の『ブーリン家の姉妹』で共演したスカーレット・ヨハンソンが噂の真相を確かめるべくナタリー・ポートマンの胸を背後から揉んだそうです。
結果としてスカーレットはナタリーに対し『噂通り本当に胸がいないのね』と言い放ったとか・・・
また『発育不足』とまで言われてしまったようですが、単純にイタズラとして理解していたため、これがキッカケとなって2人は仲良くなったそうです。

スポンサーリンク


 

MCU以外の出演作品

  • 1999年公開『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』他、エピソード2、3(パドメ・アミダラ役)
  • 1999年公開『地上より何処かで』(アン・オーガスト役)
    ゴールデングローブ賞 助演女優賞ノミネート
  • 2004年公開『クローサー』(アリス / ジェーン・ジョーンズ役)
    ゴールデングローブ賞 助演女優賞受賞
    アカデミー助演女優賞ノミネート
  • 2010年公開『ブラック・スワン』(ニナ・セイヤーズ役)
    ゴールデングローブ賞 主演女優賞 (ドラマ部門)受賞
    英国アカデミー賞 主演女優賞受賞
    アカデミー主演女優賞受賞
  • 2016年公開『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』(ジェクリーン・ケネディ役)
    アカデミー主演女優賞ノミネート

 

ナタリー・ポートマンのプロフィールとMCU以外の主な出演作品を紹介しました。

彼女に関するエピソードは非常に多く世に出回っています。
裏を返せばみんな彼女に関心があるということなのでしょう。

では最後にナタリー・ポートマンが共演しているマーベルの映画作品に出演している俳優の方たちを紹介します!

スター・ウォーズのエピソード1〜3ではニック・フューリー役のサミュエル・L・ジャクソンと共演し、そのうちエピソード2ではX-MENシリーズでCIAエージェント・モイラ・マクタガートを演じたローズ・バーンも出演しています。
2006年公開の『Vフォー・ヴェンデッタ』ではレッドスカル役のヒューゴ・ウィーヴィングとの共演もありました。

2008年公開の『ブーリン家の姉妹』ではブラック・ウィドウ役のスカーレット・ヨハンソンに加え、ドクター・ストレンジ役のベネディクト・カンバーバッチ、さらに『アメイジング・スパイダーマン』シリーズでスパイダーマン役だったアンドリュー・ガーフィールドとも共演しています。

さらに2010年公開の『ブラック・スワン』ではウィンター・ソルジャー役のセバスチャン・スタンとも共演し、2018年公開の『アナイアレイション -全滅領域-』ではヴァルキリーの生き残りを演じたテッサ・トンプソン、カマー・タージの書庫の番人ウォン役のベネディクト・ウォンとも共演しています。

今後は誰との共演を見せてくれるのでしょうか?
楽しみに待ちたいと思います!

スポンサーリンク


 

-MCU, 人物, 映画
-, , , ,

Copyright© Marvel info Base , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.