MCU アベンジャーズ ドラマ 人物 映画

マーベル映画&ドラマ作品キャスト紹介【クラーク・グレッグ】

更新日:

MCUにおいてファンから愛され、ファンの声で死からの復活を遂げたキャラクターをご存知でしょうか?
特殊能力はありませんが、そんな特別なキャラクターとなったのは、ご存知フィル・コールソンです。

スピンオフドラマが制作されるほどに愛されたフィル・コールソン。
ここではそんなフィル・コールソンを演じたクラーク・グレッグのプロフィールとMCU以外の主な出演作品を紹介します。

クラーク・グレッグはマーベル作品に出演した俳優たちと複数共演していました!
果たして誰と共演していたのか・・・?
ぜひ最後まで読んでいってください!

スポンサーリンク

クラーク・グレッグのプロフィール

クラーク・グレッグ

本名をロバート・クラーク・グレッグといいます。
生年月日は1962年4月2日。

マサチューセッツ州ボストンの生まれ、ノースカロライナ州チャペルヒル育ちです。
クラーク・グレッグの父は米国聖公会で聖職者をしています。

1988年にキャリアをスタートさせたクラーク・グレッグは映画、ドラマ問わず出演し、脇役としてキャリアを重ねていきます。
テレビドラマシリーズでは警察やFBI捜査官のような役が多く、S.H.I.E.L.D.に所属していたクラークのイメージに近いものがあります。

2000年公開の『ホワット・ライズ・ビニース』の原案・脚本を勤めたほか、2008年には小説の『チョーク!』を原作とした映画『セックス・クラブ』の監督・脚本を、2013年には『トラスト・ミー』の監督・脚本を務めるなど、演じるだけでないその才能を見せている。
また、ブラジリアン柔術の黒帯を持っている。(あんな優しそうなのに実は強いのか・・・)

スポンサーリンク

 

MCU以外の出演作品

  • 2003年公開『ノースフォーク 天使がくれた奇跡』(ハドフィールド役)クレジットなし
  • 2003年公開『11:14』(ハナガン保安官役)
  • 2004年公開『イン・グッド・カンパニー』(マーク・ステックル役)
  • 2013年公開『とらわれて夏』(ジェラルド役)
  • 2016年公開『夜に生きる』(カルヴィン・ボンデュラント役)

 

クラーク・グレッグのプロフィールとMCU以外の主な出演作品を紹介しました。
いかがでしたか?

2003年公開の『ノースフォーク 天使がくれた奇跡』と『11:14』ではX-MENシリーズの『X-MEN: ファイナル ディシジョン』でエンジェル役を勤めたベン・フォスターと共演しています。
2004年公開の『イン・グッド・カンパニー』ではナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ役のスカーレット・ヨハンソンと、2013年公開の『とらわれて夏』ではサノスやケーブル役を務めたジョシュ・ブローリンと、そしてさらに2016年公開の『夜に生きる』では『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のガモーラ役のゾーイ・サルダナとも共演しています。

脇役での出演が多いクラーク・グレッグだからこそ、多くの主演級役者と共演できるという見方もできます。
おかげでMCU以外でもマーベル作品に出演している俳優たちとの共演を多く見ることができるわけですね!

今後、マーベル作品に出演している他の俳優との絡みも見れることを期待しています!

スポンサーリンク

 

-MCU, アベンジャーズ, ドラマ, 人物, 映画
-, , , , ,

Copyright© Marvel info Base , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.