X-MEN 映画

【映画 デッドプール】マーベル史上最高にイカしたアイツのその後!?

更新日:

マーベルの人気キャラクター『デッドプール』は掟破り&型破り!

ここでは映画「デッドプール」の今後とマーベル史上類を見ないそのキャラクターについて紹介していきます。
なぜデッドプールはここまで人気なのか!?

ぜひ予告動画も見てってください。

スポンサーリンク

映画デッドプール

デッドプール

映画デッドプールは2016/6/1に公開されたマーベルの映画作品です。
アベンジャーズやX-MENは知っているけどデッドプールというキャラクターはそもそも存在すら知らなかったという方も多いのではないでしょうか?
しかし、実はこのデッドプールもX-MENと同じくミュータントであり、作中でもX-MENに勧誘されています。

映画デッドプールについて

映画デッドプールはティム・ミラーを監督に迎え製作され、アメリカでは2016年2月12日に、日本では同年6月1日に公開されました。
デッドプールをX-MENシリーズとするならX-MENシリーズ初のR指定がついたことになります。

またデッドプール役のライアン・レイノルズは『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』でもデッドプール(ウェポンXI)役を演じています。
『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』のデッドプールは全くの別物で見た目もだいぶ違います。

スポンサーリンク

予告動画も網羅せよ

デッドプールというキャラクターはなんというか非常にふざけています笑
もちろんこれは褒め言葉ですよ?

大抵の映画の予告動画ってカッコイイ感じに作られてるじゃないですか。
1作目はまだそのカッコイイ感じもあったんですが・・・
でも『デッドプール2』の映画の予告動画は違うんですよ。
もちろんそこにも「さすがデッドプール笑」という印象はバシバシ感じるわけですが。

百聞は一見にしかず! 実物を見てもらったほうが早いですね。
まずは2016年に公開された『デッドプール』の予告動画からどうぞ!

続いては2018年6月公開予定の『デッドプール2(仮)』の予告動画です。
これはかなりふざけてます!笑
あ、もちろん褒め言葉ですよ?笑

どうです? 最高にふざけてるでしょ??
これぞデッドプールって感じがしてたまらないでしょ??

ちなみに『デッドプール2(仮)』の予告動画には元ネタがあるんです。
それがこれ↓

『ボブの絵画教室』っていう番組なんですが、我々日本人には馴染みのない番組ですから、知らないという人も多いかと思います。
ですが、こんなところをパロディにして映画の予告動画を作れるのもデッドプールだからこそと言えますね!
もちろん国によっては知られた番組であることは間違いありません。

映画デッドプールの続編

2018年1月現在では『デッドプール2(仮)』が6月に公開予定です。
またさらにその続編『デッドプール3(仮)』の制作発表がされています。

X-MENシリーズは全て3作ずつで構成されているので、このデッドプールも『デッドプール3(仮)』で幕引きとなるのではと予想してます。
しかし、米ウォルト・ディズニー社が21世紀FOX社の一部事業買収をしたことで、アベンジャーズなどと共演することが可能になりました。

原作コミックスではウルヴァリンやパニッシャーなど他のキャラクターと関わることも多いデッドプールですが、とりわけスパイダーマンと一緒に出る作品が多くなっています。
もはやコンビか?というくらいにお互いお調子者でおしゃべりなキャラクター性が絡み合って非常にコミカルに描かれています。
まぁ、基本デッドプールが一方的にからんでるだけなんですが・・・苦笑

スパイダーマンも版権の問題をクリアしてアベンジャーズに登場しました。
同じように版権問題をクリアしたデッドプールも晴れて(?)他のキャラクターと関わることができるようになりました。

デッドプールとスパイダーマンの版権問題コンビが共闘する姿を拝める日はそう遠くないかもしれませんね。
今後に期待しましょう!

スポンサーリンク

デッドプールのキャラクター性

デッドプールの本名はウェイド・ウィルソン。
ヒーリング・ファクター(高い治癒能力・再生能力)を持ったミュータント。
映画デッドプールでは元々は普通の人間で殺し屋稼業をしていましたが、末期のガンに侵された自身の体を治すため人体実験の被験者となった結果、治癒能力を身につけました。
原作コミックスにおいては2018年4月27日公開予定の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にも登場するサノスに『不死の呪い』をかけられてしまい、死ぬことができない体になりました。

性格としてはとにかくおしゃべりでお調子者(そこがまたいいんですが笑)

軍の特殊部隊出身で白兵戦など戦闘スキルは抜群です。
主にハンドガンや2本の刀剣を用いて戦います。

第4の壁をぶち壊す!

『第4の壁』とは漫画世界におけるキャラクターと読者の壁のこと(元々は演劇の用語)ですが、コミックスでは読者に向かって話しかけるなど、自身を漫画のキャラクターとして認識しています。
映画デッドプールにおいても第4の壁クラッシャーとしてのキャラクター性は活かされており、視聴者に対してしばしば語りかけてきます。

スポンサーリンク

-X-MEN, 映画
-, ,

Copyright© Marvel info Base , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.