イベント

マーベル展の体験レポート/まだ間に合う6月25日迄@六本木ヒルズ

更新日:

マーベル展

 

待望のマーベル展参加、本当に楽しかったです!
未だ行こうかどうしようか悩まれているそこのあなた!
はっきり言います、もったいないですよ?

マーベル展は全体は写真撮影できず、決められたものしか撮影できません。
そのため、素材は少ないですが、私が観覧した際に撮影した画像を載せておきますので、是非参考にして見てください!
ちなみに、会場の大部分が撮影不可となっていますので、ここに掲載できないマーベルの歴史的アイテムが会場では多数観ることができます。

それではごく一部ですが見ていきましょう!

 

スポンサーリンク


 

六本木通り側から入って行く方は蜘蛛のオブジェを目印に進むと展望台への入口がわかりやすいかもしれません。
蜘蛛のオブジェ

ちなみに私は前売りではなく現地でチケット購入しました。(一般は1,800円)
そして、いざ会場に到着すると早速マーベル展のどデカいキービジュアルがお出迎え!

マーベル展

ここは撮影可能な場所なので皆さん写真を撮ってました。
さらに、一歩踏み込んだら壁にはマーベルが転機を迎えたといっても過言ではない作品が年表のように並んでいました。

マーベル年表

そしてまた少し進んだところに、ある意味一番の目玉といってもいいでしょう、5mのアイアンマンが!

5mアイアンマン

このアイアンマンは夜になるとライトアップされますので、ライトアップされる時間に合わせて行くのもいいですね。

ひとまず撮影可能なゾーンは一旦終わります。
そこから進むと入口のものよりも具体的なマーベルの年表を観ることができます。

その後「超時空間」、「地球全体」、「愛する街」と守っている範囲ごとに分けてヒーローを紹介するゾーンに突入していきます。
その途中にアイアンマンのスーツが並んでいる撮影可能なスポットがありますが、これが下手すると気づかずにスルーしてしまいそうな配置になっていますので注意してください!笑

歴代アイアンマン

次にMCUに関するゾーンがきます。
ここにはキャプテンやブラックウィドウなどのコスチュームが飾られていますが、とりわけ目を引くのは何と言っても、傷のついたアイアンマンのスーツです!
これはめちゃくちゃカッコよかった!!!

そして、いろんなアーティストが描いたマーベルコミックの表紙絵がずらっと並べられたゾーンへ。
中には日本人が描いたものもありました!
同じ日本人としてこれはなんだか嬉しくなってしまいますね!

最後に日本の漫画家さんが描いたマーベルヒーローの1枚絵が3点展示されていました。
描いた漫画家さんが誰かは現地で是非あなたの目で確認してください!

その隣にはマーベル展のオフィシャルショップが用意されています。
そこに到るまでに散々テンション上げられてしまって、財布の紐もゆるっっっゆるでしたが、必死に平静を保ちつつセーブしたお買い物をエンジョイしました。
私の控えめな戦利品はこんな感じになりました↓

戦利品

ポスター3点(お土産含む)とフライヤー

 

今回のマーベル展に参加された方々は他にどんなものを購入されたのでしょうか?
いや、やっぱり欲しくなってしまうので、知りたくないです!笑

さらに一つ下の階に行くとホットトイズのグッズ販売がされています。
正直あのディテールの細かいフィギュアを見てるだけでも楽しくなります。
また、等身大サイズのヒーロたちが数人いるのでそこで写真を撮るのもいいですね!

なお、会期中は六本木ヒルズでは展望台のみならずヒルズ全体でマーベルのフォトスポットが用意されていたり、ステッカーがもらえるイベントが行われていたりしますので、正直1日遊べる規模になっています!

この機会を逃してしまうと、次は福岡までお預けです!
特に都内や関東圏に住まわれている方は、是非この機会を逃さないようにしてください!

スポンサーリンク

-イベント
-, , , ,

Copyright© Marvel info Base , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.